製品紹介(設備・ロボット)

SK煙突清掃ロボット

煙突の内部に付着した煤や粉塵などの頑固な汚れを、本体装置に搭載された小型カメラで監視確認しながら自動清掃する装置です。

ロボット本体に各ユニットを装着した状態 ロボット本体に各ユニットを
装着した状態(総重量169kg)

SK煙突清掃ロボットの特徴

  1. 装置はユニット式で、煙突内部への設置は下部開口部にて、簡単かつ短時間で行えます。
  2. 開閉式アームの採用で、煙突の内径に適応します。
  3. リモートコントロールによる全自動清掃なので、作業者が直接有害物質に関与する事無く、安全です。
  4. ユニット式なので、煙突内部の状況に合わせた様々なブラシへの交換が可能です。
  5. ブラシ&掻き取りルーラーでさらにパワーアップ、仕上がりは完璧です。
  6. 本体に搭載されている小型カメラで煙突内部を監視し、煤などの取り残しを未然に防ぐ事が出来ます。
  7. 稼働時間の短縮で長期的なコスト削減を実現します。

煙突内部(Φ1500)にロボットを設置

煙突内部にロボットを設置 上部より
煙突内部にロボットを設置 下部より

仕様

標準仕様

機種 CCR-160 CCR-210
本体重量 70kg 80kg
ブラシユニット重量 33kg×3本 33kg×3本
適応内径 Φ1200~Φ1600mm Φ1500~Φ2100mm

清掃能力:最大70m2/h

共通仕様

  • 自動・手動切替操作ボックス
  • 煙突上部設置用吊金具
  • 煙突内部昇降用ウインチ
  • ビデオ内臓モニター
  • ケーブル75m

設備・ロボットTOPへ戻る

製品紹介TOPへ戻る

ページの先頭へ

  • ホーム
  • 採用情報
  • 会社案内
  • プライバシーポリシー
  • リンク集
  • 資料請求・お問合せ・見積依頼