ブラシの素材

箒の働きをする化学繊維(SKナイロン、SKポリプロピレン、SKポリエステル)

写真:SKナイロン SKナイロン(波、直)

洗浄に使用するブラシ材(箒の働き)

SKナイロン

品名
SKナイロン
特性及び物性
化学繊維の中では耐磨耗性、弾力性、柔軟性に優れ、耐久性は抜群で
アルカリにはほとんど影響を受けない。
一般溶剤(アルカリ、ガソリン、ベンゼン等)には不溶解。
濃塩酸、濃硝酸で一部分解を伴って溶解。
フェノール類、濃蟻酸に溶解。
氷酢酸に膨潤。
用途
  • 鉄、ステンレス、銅、アルミ、硝子、製紙等素材の清掃、洗浄
  • 車両、自動車の清掃、洗浄
SKナイロンの種類 比重 水分率 軟化点 溶解点 連続使用温度 線径
ナイロン 6 1.14 4.0% 180℃ 215℃ 100℃ 6タイプ φ0.1~
ナイロン 6・6 1.14 4.0% 230℃ 250℃ 120℃ 6・6タイプ φ0.1~
ナイロン 6・10 1.08 2.0% 180℃ 215℃ 100℃ 6・10タイプ 6・12タイプ
φ0.05~
ナイロン 6・12 1.06 1.5%   212℃ 100℃

SKポリプロピレン

品名
SKポリプロピレン(P.P)
特性及び物性
ナイロンより硬く、腰が強い。
屈曲回復性、弾力性に優れているが、長期間使用すると先端が縦裂けを起こす場合がある。
酸、アルカリに殆んど影響を受けない。一般溶剤には不溶解。
溶解点170℃ 使用限界80℃
比重
0.91
線径
φ0.1~φ1.5
用途
  • 鉄、ステンレス、銅、アルミ、硝子、製紙等素材の清掃、洗浄
  • 車両、自動車の清掃、洗浄

SKポリエステル

品名
SKポリエステル(PET)
特性及び物性
ポリプロピレンより硬く、耐磨耗性に優れている。濃塩酸、硫酸、硝酸に殆んど影響を受けない。
10%苛性ソーダ溶液、28%アンモニア溶液で、強度は殆んど低下しない。
溶解点260℃ 使用限界140℃
比重
1.38
線径
φ0.3、φ0.5
用途
  • 鉄、ステンレス、銅、アルミ、硝子、製紙等素材の清掃、洗浄
  • 車両、自動車の清掃、洗浄

ブラシの一覧TOPへ戻る

ページの先頭へ

  • ホーム
  • 採用情報
  • 会社案内
  • プライバシーポリシー
  • リンク集
  • 資料請求・お問合せ・見積依頼